速やかな資金回収に役立つファクタリング

現代において中小企業を取り巻く環境は厳しく、健全経営で黒字決済を続けていても時に資金繰りに困るという事態は起こり得ます。
堅実な経営を心がけていても、速やかに収益を現金化できなければ時に事故が起こることもあるのです。
特に売掛金を現金化できるまでのスパンが長いビジネスではそのようなリスクが高い状態といわざるを得ません。
そこで売掛金を速やかに現金化し、柔軟なビジネス展開を可能にしたり不慮の事故を予防するための方法として、ファクタリングが注目されています。
ファクタリングとは、現金化していない売掛金を専門の業者に売り、即座に資金を手に入れることです。
もちろん一定のマージンは取られますが、取引先から売掛金の支払いを受けるに当たっての手間やコストを回避できますし、支払いがされなかった場合の対応のためのコストまで考えれば、決してそのマージンは高くありません。
何よりタイムラグ無くすぐに資金が調達できるというのは、流れの速いジャンルのビジネスであればあるほど効いてくるはずです。
また、ファクタリングは形式上は債権譲渡に過ぎないため、借り入れには当たらないという点も企業の信用上大きなメリットがあります。
売掛金を売った時点で自社は貸し借りがゼロの状態となり、その後のことを心配する必要は一切ありません。

関連ウェブサイト