あらゆる面で負担の小さなオールオン4について

インプラント手術にはオールオン4という手法があります。
これは、4つの埋め込みインプラントで連続して抜けた歯をカバーするものです。
一見すると、抜けずに残っている歯を両端にしてブリッジさせるものと似ています。
しかしブリッジでは、残った歯に過度な負担をかけてしまって、その歯も抜け落ちてしまう可能性があるのです。
一方オールオン4なら、残っている歯に対しては何ら負担をかけていないため、残った歯は残った歯で大切にしていくことができます。
また、ブリッジでは簡単に取れてしまうため、堅いものを食べることも難しいですが、オールオン4は顎骨に埋め込まれて支えられているので、実歯のように食いしばっても抜けることはありませんし、抜けた歯を一本ずつインプラントを埋め込むこともできますが、一遍にやると大掛かりな手術になりますし、抜けたたびに手術するのも負担が大きいのです。
それは患者の肉体的・精神的、そして経済的な負担です。
このように、インプラント手術の中でもあらゆる面で負担が小さな手術だと言えます。
もちろん、全ての人に手術可能というわけではありませんが、もしも状況に合っているのならこの手術を考えてみてはいかがでしょうか。