目の痛みの原因を正しく理解しましょう

視力の弱い私は、めがねやコンタクトに頼った生活を強いられています。
この二つがなければ生活が成り立たない、それほど重要なアイテムなのです。
そんな私は、仕事柄、目を使う作業が多く、酷使している事を自覚し、仕事以外の時間には極力休ませる、ケアに努めることを心がけてきました。
しかしそんな努力を重ねても、日によっては痛みを感じたり、視界がかすんだり、重いような違和感を抱く時があります。
そんなときには、目薬を点眼し、しばらく休ませるようにします。
ただ気になるのが、この具合が悪くなる間隔が、徐々に狭まっているように思えていたことでした。
これを友達に相談すると、「ドライアイの可能性がある」と言われました。
確かに言われてみれば、乾いている感覚もありますし、コンタクトに水分が足りなくなり、何かの拍子に剥がれ落ちそうになることもあります。
そこでドライアイについてネットで調べてみますと、それについて詳しく紹介しているサイトを見つけました。
ドライアイとなる原因について、乾いた状態となりやすいからドライアイというのではなく、実はこの他にも、表面が凸凹しており、これが涙や粘膜に異常をきたす原因となっていることを知りました。
症状の進行具合にあわせた対処法やドライアイをチェックできるコンテンツ等、少しでも疑いを感じた方が参考にできるサイトとなっており、自分の現状を知ることができ、本当に役に立ちました。
http://xn--ccke7ba2hwf.jp/index.html