小さなお子様にも負担なく近視の進行を抑えることが可能なオルソケラトロジーについて

オルソケラトロジーというものをご存知でしょうか。
あまり聞いたことがないという方が多いかもしれません。
これは視力を回復させる方法の一つとしてメディアでも紹介されているものです。
手術が不要で、寝ている間に視力を回復させることができる方法であり、注目を浴びています。
最近では小さなお子様も室内で遊ぶ子どもが増えており、視力が悪化している子どもが増えています。
小さなうちから視力低下が進行するのは辛いですよね。
そこで、小さなお子様の近視の進行を予防するためにもこちらのオルソケラトロジーが使われているのです。
使い方はいたって簡単で、就寝前に特殊レンズを装着して、睡眠すると睡眠中に角膜にくせを付けて正常な屈折に調整することができます。
翌朝に起きてレンズを外すと、不思議なことに強制された形を維持させることができ、屈折異常を一時的に治すことができるのです。
昼間の間は、裸眼でずっと生活ができるので、スポーツをしているお子様も安心ですし、小さなお子様にコンタクトレンズは不便を感じてしまうこともありますし、負担もありますから、是非オルソケラトロジーで視力回復を検討されてみてはいかがでしょうか。
もちろんお子様に限らず、65歳くらいまでの大人の方まで利用可能です。