交通事故の被害者になってしまったら提示される示談金で安易に合意してしまうのは禁物

交通事故の被害は多大で、怪我や物損・収入の損失といろいろな面で損害を被ってしまいます。
被害者は、これらの損害について相手に賠償請求する権利を有します。
事故が起きたら怪我人の救護と同時に必ず警察に届けますが、見分結果で事件性がなければそれ以上警察の介入はなく当事者間での和解に委ねられます。
当事者同士の話し合いが示談交渉で、交渉では主に加害者が被害者に対して支払う賠償金額を決定します。
示談交渉で解決できなければ調停や裁判に持ち込まれますが、ほとんどの交通事故においては示談交渉での解決となっています。
被害者は事故に遭ってしまったことで被った損害を正当に請求する権利がありますから、示談交渉では相手のペースに巻き込まれないことが大切です。
ここで重要なのが、口頭で交わしただけでも示談は成立してしまうということです。
例えば事故の直後に、現場で相手から金額を提示されてこれで示談に、と言われて応じてしまうとその金額で解決したこととなってしまいます。
その場合、修理代や治療費が思ったよりかさんでもあとから請求することはできなくなります。
示談交渉を行うにあたっても、相手から示談金を提示されたらすぐに合意せず内容や金額を見極めることが肝心です。
示談金の中でも、特に慰謝料の部分については計算のしかたによって金額が大きく左右されるので要注意です。
交通事故に遭ってしまったら、示談交渉に強い弁護士の先生のアドバイスを受け示談交渉の代理人になってもらえば相手が見積もってくる示談金を詳細にチェックして不足があれば正当な金額で再交渉、被害者に損のない示談交渉をサポートしてくれます。http://baishoukin.com/