のちのち、もめないための離婚相談のポイント

離婚をするだけなら、離婚届を提出すれば、それで終了。
簡単なことです。
しかし、単に別れて、結婚前の状態に戻すだけの作業ではありません。
財産の問題、子供問題など、簡単には解決できない問題を多く抱えてるわけです。
財産に関して夫婦、二人で築き上げたモノに関しては法律で決まった分与が可能です。
しかし、二人で築いた財産といっても、様々な形態をしているので、完全に全ての財産価値を計算して割り出さなくてはなりません。
これを個人で算出するのは大変に困難です。
さらに子供の親権などの問題に関したはもっと複雑になってきます。
夫婦間の現在の感情も大きく左右されますし、離婚後の収入など様々な問題を考えて複合的に処理しないといけません。
これらの問題を解決するためには専門の弁護士の方にお願いするのが一番です。
財産問題に関しては得意中得意ですから、詳しい財産価値の割り出しをしてくれます。
両者がきれいに別れるためにも後でもめるような事はあってはなりません。
話し合いで和解できるのはベストです。
裁判までいくようなドロドロの後味が悪い別れ方をしないためにも専門の弁護士に早めに相談することが良いでしょう。
もちろん、裁判のプロでもありますから、別れ話がもつれて裁判なり判決にいたることになっても弁護士に依頼していれば何も問題はありませんから。