卵子提供を受けて出産や子育ての喜びを得よう

晩婚化が進み、高齢出産でも子供が持てるから問題ないと仕事に頑張ってきたキャリアウーマンや独身生活を謳歌してきた女性は多いのではないでしょうか。
ですが、ここに来て期待をしていた女性には寝耳に水の話が大きな話題になっています。
高齢出産にはリスクがあるどころか、加齢に伴う卵巣機能の低下や卵子の老化で妊娠が難しくなるという事実です。
それならもっと早く言って欲しかったと気持ちが焦る人もいれば、結婚相手がいなくても少しでも早く手を打ちたいと、卵子の凍結保存に踏み切る人もでてきています。
晩婚でも子供を持ちたいと思っていたのに、不妊治療をしても一向に成果が出ず、卵子の老化や卵巣機能の低下というショッキングな事実を突きつけられたとき、どうすればいいのでしょうか。
結婚が遅かったのだから仕方ないとあきらめる人もいるかもしれません。
ですが、卵巣や卵子の老化は個人差が大きく、晩婚でも直ぐに子供ができる方もいます。
そんな周囲と比べて、あきらめられないご夫婦なら、卵子提供を受けるという方法が残されています。
名前も顔も非公開の健康な日本人女性から卵子提供を受け、ご主人の精子と受精させたうえで、奥様のお腹で育てることができます。
出産や子育ての経験を夫婦ともに分かち合うことができるのです。